肌荒れにオロナイン-花粉や花粉症による肌の荒れにも効果あり?

肌荒れ オロナイン

花粉症の時期になるとなんだか肌荒れも気になると感じたことがある方も多いのではないでしょうか。花粉の影響で鼻水、鼻づまりや目のかゆみに悩まされているのにさらに肌荒れもひどいとなると精神的ストレスも増えてしまうはずです。

Q:花粉て普段目には見えないけど、肌にも影響があるのですか?
A:ほとんど目には見えなくても場合によって肌に刺激を与えてしまうこともあります。

Q:花粉症のせいで肌荒れしているような気がするけどこの場合は誰に相談するべきですか?
A:単純な肌荒れなら皮膚科でも大丈夫ですが、万が一薬の副作用という可能性も考えていちど花粉症の薬を処方してくれた病院で相談するほうが良いです。

スポンサーリンク

肌荒れにオロナインは効果的?

花粉と肌荒れにオロナイン

花粉はほとんど目に見えない細かな粒子なので一見吸い込みさえしなければ影響がないように思いますが、実際には肌に触れただけでも人によっては花粉の刺激を受けてしまうことがあります。単純に花粉の刺激によって痒みを覚えたり、赤みを帯びて炎症している程度であればオロナインなどの軟膏を塗ることで炎症を抑えることもできます。ただし、あくまでオロナインは炎症を抑える効果を期待されるものなので、強い痛みを感じていたり、何かできものができてしまっているという場合には医師に相談することをおすすめします。

花粉症と肌荒れにオロナイン

花粉症になってしまうと目や鼻など花粉症の一般的な症状がでる部分が普段よりもさらにデリケートになるため少しこすってしまったという程度でも肌荒れを引き起こしてしまうことがあります。表面的な炎症を起こしているような肌荒れであれば一時的にオロナインのような軟膏で炎症を抑えることも可能です。花粉症の症状がいつもより強めに出たときやニュースで花粉の量が多いといわれている日にはオロナインのような軟膏を持って出かけても良いかもしれません。

<<花粉症じゃなくても肌荒れ>>

花粉症の症状とともに肌荒れを引き起こすことはもちろんありますが、もともと花粉症ではないという方でも場合によっては花粉が肌荒れの原因になることがあります。花粉の量が増える春や秋になると肌も乾燥しやすくなります。肌が乾燥していることによって肌表面もデリケートになっているので花粉がたまたま肌に触れただけで一時的にアレルギー反応を起こすこともあります。また、その症状がなかなか治まらないようなら皮膚科で相談したほうがいち早く改善に向かいます。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です