肌荒れの飲み薬-花粉の季節の顔荒れ、ニキビに効果的な市販薬など

肌荒れ 飲み薬

スキンケアや塗り薬のほかにも肌荒れは飲み薬で対処することができます。もちろん症状によって必要となる薬はことなりますが、強い薬から体に優しい漢方薬まで種類はいろいろです。

Q:肌荒れは塗り薬と飲み薬だったらどちらのほうが効果的ですか?
A:状態や原因にもよりますが併用できると治りが早い場合があります。

Q:良くあるサプリメントと飲み薬は違うのですか?
A:サプリメントはあくまでも健康の補助的役割で薬には分類されません。

スポンサーリンク

肌荒れに飲み薬は効果的?

肌荒れに市販の飲み薬

肌荒れに良いとされている市販の飲み薬で有名なのはハイチオールBやチョコラBBなどですが、多くの方は肌荒れがどうにも手に負えなくなったときにこういった市販の飲み薬を多用します。しかし本来ハイチオールBやチョコラBBなどの飲み薬は肌荒れしにくい肌を作るための予防薬の役割が強いのです。もちろん、成分としては肌荒れを改善するためのものが含まれていますが、即効性という意味ではあまり期待しないほうが良いかもしれません。

顔の肌荒れに飲み薬はどう?

皮膚科などで処方される飲み薬は肌荒れか軽度であれば大体の場合ビタミン剤や漢方薬など医薬品とは異なる飲み薬が多いようです。顔でも体でも肌荒れが重度の場合にのみ抗生物質が処方されることもあるようですが、ケースとしては少ないです。そもそも顔などの肌荒れの場合そのほとんどの原因がストレスやホルモンバランスの乱れ、乾燥からなるもので無理やり飲み薬を使って治すというよりも自然の治癒力(回復力)に期待するほうが体にも良いようです。

花粉と肌荒れに飲み薬はどう?

花粉症の季節になると肌荒れが目立つようになるという方も多く、ニキビや炎症のほかに痒みを感じることもあるようです。花粉症の季節になると鼻や目をこすることが増えるため炎症を起こしやすくなるというのもありますが、花粉症用の強い薬を服用し続けることで胃や腸に負担がかかって肌荒れを引き起こすこともあります。また、花粉症用に飲み薬として抗生物質が処方されることがありますが、抗生物質は肌荒れが重症化してときにも効果的なので他の薬を服用せずに肌荒れが改善される場合があります。

ニキビ・肌荒れに飲み薬

肌荒れでニキビができてしまったときにはできるだけ自然治癒で治すことが理想ですが、どうしてもいつまでに治したいという希望があるときにはやはり飲み薬の力を借りるほかないです。重症化していないと皮膚科でもなかなか抗生物質を処方してくれることはありませんが、逆を考えればそこまでの薬は必要ない程度だということでもあります。よって市販の漢方成分やビタミンサプリでも改善ができる可能性があるということになります。長い期間飲み薬に頼るのはあまり良いことではありませんが、いつまでに改善させたいという希望がある場合には用法容量を守りながら持続して飲むほうが効果的なはずです。

<<肌荒れの重度に応じた飲み薬>>

皮膚科でも重症化と判断されない限りはなかなか抗生物質のような強い飲み薬は処方されませんが、市販の飲み薬やサプリや漢方のほうが断然体への負担は軽くなります。状態に応じて飲み薬を選ぶ必要があると同時にできるだけ体に負担の少ない薬選びをすることが得策です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です