肌荒れを治す-男女必見!肌荒れを治したい!改善ケアのポイント

肌荒れ 治す

月経やホルモンのバランスの乱れなどで肌荒れが気になることもありますが、著しく肌が乾燥しているときや不摂生が続いたときにはやはり肌荒れに悩まされることもあるはずです。肌荒れでメイクのノリが悪くなるだけではなく、第三者から見ても一目で荒れていることがわかってしまうなどストレスの原因になることもあります。

Q:肌荒れがひどいときにメイクをするのはやはり良くないのですか?
A:全く顔に何も塗らない状態もかえって乾燥しやすい状況を作ってしまうのでミネラルを含んだBBクリームや保湿効果のある下地を塗ってからメイクをする分には問題ないはずです。(ただし長時間はおすすめできない)

Q:Tゾーンはベタベタしていて頬や顎は乾燥が目立つ状態は異常ですか?
A:混合肌といってTゾーンが脂っぽくUゾーンが乾燥しやすい肌質です。

スポンサーリンク

肌荒れを治す、肌荒れを治したい男女はチェック

肌荒れを治す食べ物

肌荒れを治すには質の良い睡眠や適度な運動のほか、食べ物にもできるだけ気を使ってあげることで肌荒れを直す手助けになります。ビタミンやミネラル、鉄分などをバランス良く採ることが必要です。ビタミンBを多く含む緑黄色野菜をたくさん採ることで肌のターンオーバーを促進したり、にんにくやレバーをとることで血行を良くするなど、体に良いとされる食べ物はそのまま肌荒れを直す手助けにもなります。

頬の肌荒れを治す

頬や鼻など顔の中でもとくに突出している部分はスキンケアの際についつい力を入れすぎて肌荒れを引き起こしやすい部位です。クレンジングや洗顔のときにゴシゴシとこするように洗ってしまうことで表面が傷つくだけではなく、乾燥しやすい状態にしてしまいます。もちろん、洗顔後の拭き取りのときにもタオルでゴシゴシ拭いてしまうと同様に肌へストレスを与えてしまいます。

肌荒れを治す薬

一度できてしまった肌荒れを直すには軟膏やワセリンなどの薬が効果的です。しかし、根本となっている原因を直せるわけではないためまた似たような条件が整ってしまうと肌荒れを引き起こす恐れがあります。あくまで肌荒れ用として販売されている薬(塗り薬)はその都度一時的に肌荒れを直す、または症状を抑える程度の働きであることを念頭に入れて使用する必要があります。

肌荒れ・乾燥肌を治す

肌荒れの原因のひとつに肌の乾燥があります。肌が乾燥するということは本来内部を保護している肌(角質)のカバー力が弱まっているためちょっとした刺激やストレスにも敏感に反応してしまい肌荒れしやすくなってしまいます。具体的には炎症を起こしてしまったり、ニキビができやすくなったりとただ乾燥しているだけではなく、そのほかの症状を引き起こしてしまうことにもなりかねません。よって肌荒れを直す第一歩として保湿が挙げられるのです。

背中の肌荒れを治す

実は背中も肌荒れしていることがあります。背中も顔と同様に多くの毛穴があり、その毛穴が乾燥や皮脂によって詰まってしまうことで肌荒れにつながります。直す方法としては普段タオルやスポンジ、ブラシなどでゴシゴシ洗っている場合には素手で洗うようにするか、お風呂上がりに顔と同じように保湿のスキンケアをするようにします。

肌荒れと化粧水

化粧水のつけ方を変えるだけで肌荒れが改善されることがあります。普段化粧水を手でつけている場合には一度顔に化粧水をつけたあと、再度少量を手に取り小鼻や口元など乾燥しやすい部分に重点的につけると効果的です。コットンを使用して化粧水をつけているという方はついついコットンに含ませる化粧水の量を抑えがちですが、コットンの化粧水を含んでいない部分が肌に触れることで逆に肌の水分を奪ってしまうこともあるのでなるべく多めに化粧水を含ませるようにしましょう。

<<肌荒れの敵は?>>

顔にしても背中にしても肌荒れの原因で多いのは乾燥です。肌荒れが目立つと感じたときにはむやみに薬にたよるのではなく、スキンケアをいつもよりも丁寧でしっかりとしたものにしてみると変化が感じられるかもしれません。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です