あごの肌荒れ-大人や赤ちゃんのあごから首や頬の肌荒れの対処法

肌荒れ あご

肌荒れは人によってその症状は異なり原因も番うと考えられています。肌荒れのなかでも隠すことができないあごや頬にできてしまったできものなどは特に困らされることがあるのではないでしょうか。人によっては目を覆いたくなるほど重症化している方もいます。

Q:肌荒れがひどく、メイクでも隠せません。マスクをして隠しておけば大丈夫でしょうか?
A:人によってはマスクでこすれることによって肌荒れが悪化することもあります。一度家の中で数時間マスクを着用してみて痒みやヒリヒリする感じがなければ外出しても良いのではないでしょうか。

Q:乾燥肌というよりはべたつきやすいのに肌荒れがひどいのはなぜでしょうか?
A:肌荒れの原因は必ずしも乾燥とは限りません。過剰に皮脂が出ることで毛穴がふさがれたり、不摂生によって肌荒れを引き起こすこともあります。

スポンサーリンク

あごの肌荒れを対策しよう

あごと頬の肌荒れ

肌荒れのなかでもあごや頬にばかりできものや乾燥が目立つという方は内臓トラブルやホルモンバランスの乱れが大きく影響しているケースがあります。頬は特に連日の飲酒や便秘などといった肝機能や腸の働きに多き関係し、その負担がそのまま肌荒れとして現れてしまうことがあります。同様にあごの肌荒れというのはホルモンバランスの影響が大きく、女性の場合は月経前にホルモンの分泌量が増え、肌荒れを引き起こしやすくなります。

あごの肌荒れにサプリ

肌荒れによってあごにできてしまった吹き出物を改善するため有効的だといわれているサプリはプラセンタです。プラセンタにも種類があり、最も効果的だとされているのは人由来のプラセンタですが、価格も高く長期間に渡って使用するとなると難しいかもしれません。そこで安全かつ手に入れやすい価格として人気なのが馬由来のプラセンタです。

あごと首の肌荒れ

20代以降の年代に多いといわれているあごから首にかけてできる肌荒れやニキビはストレスが原因となっていることも少なくありません。あごに比べても首は毛穴が少なく、皮脂の分泌も決して多いほうではありませんが、他と比べても治りが悪い部位だといわれています。汗をかきやすい場所でもあるため肌荒れやニキビが気になったときには普段よりもさらに清潔に保つことを意識する必要があります。

赤ちゃんのあごの肌荒れ

赤ちゃんのうちはよだれを自分で抑えたりその都度拭き取ることなどが難しいためあごまわりの肌荒れが多くなります。気付いたときにそばにいる大人が引き取ってあげられればいちばん良いですが、かならずしもそうできるわけではありません。そんなときに便利なのが油分を含んだクリームなどです。特に体に害のないワセリンや馬油などは安心して使えます。油分のあるクリームをあごに塗っておくことでよだれをはじく効果を期待できるだけではなく、乾燥を防ぐこともできるので一石二鳥です。

<<あごの肌荒れは内側から>>

赤ちゃんのようによだれが原因ではない限りあごの肌荒れは内側からの改善が先決です。乾燥が原因の場合にはもちろん保湿が必要ですが、内側に原因があることも多いためサプリで栄養を補ったり、食生活の改善などが有効的となります。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です