ドイツの気候と服装は?ドイツ旅行を楽しむための服装チェック!

ヨーロッパの中でも、アットホームなイメージの或るドイツ旅行。日本から遠く離れているのに、何故か懐かしさを覚える国です。ショッピングやグルメなど観光にも事欠かない、ドイツ旅行の楽しみ。初めての方でも、リピーターの方でも、温かさを実感出来るのがドイツ旅行だと思います。「お友達とのドイツ旅行。どんな服装でドイツ旅行に出掛けたらいいかしら?」この様にドイツ旅行の服装に関して、悩んでいませんか?ドイツ旅行を120パーセント満喫する為には、やはり現地の気候などを知って置く事も大切です。その土地や天気に合った服装を行う事で、より魅惑的なドイツ旅行を堪能する事が出来ると思いますよ。ドイツ旅行の服装に付いて、チェックする事にしましょう。

スポンサーリンク

ドイツ旅行前に気になること

ドイツ,旅行

■ ドイツは日本で例えると、どんな場所ですか?
□ 世界地図を見ても、北に位置するのが、ドイツ。その為、冬場のシーズンは本当に寒いです。例えるなら、北海道を更に寒くしたイメージです。防寒は忘れずに。

■ ドイツ旅行で在ると便利な物は?
□ ドイツ国内の多くのスーパーは、袋が有料だそうです。その為、ちょっとした買い物で袋代を取られる事も有ります。お土産の事も考えて、エコバッグは必須と言えそうです。

■ ドイツは石畳が多いと聞きましたが?
□ 古くからの街並みを残すドイツでは、今でも石畳が多い街も有ります。その為、ヒールの高い靴などは、予想以上に疲れる事も有ります。上質な低ヒールの靴などを用意して、旅疲れを軽減する様にしましょう。

ドイツ旅行の服装

ドイツ,旅行,服装

ドイツ旅行の春の服装

ベルリンの気候は東京の気温よりも、若干涼しい程度です。春の初めはまだまだ寒さが残り、春の服装には、厚めのジャケットやダウンなどがお勧めです。5月に入ると暖かい日も多くなり、薄手のコートなどでも十分対応が出来そうです。朝晩は寒いので、風邪には気を付けて。

ドイツ旅行の夏の服装

ジメジメした湿り気が少なく、カラッとした暑さが続くバカンスシーズン。一年の中でも観光に人気の季節です。猛暑の日本と比べて、ドイツの夏の平均気温は20度以下。その為、夏の服装にも、薄手のカーディガンやスカーフなどがあると安心だと思います。

ドイツ旅行の秋の服装

暖かかったバカンスシーズンが終わり、寒さが戻る頃です。9月ままだ夏の暖かさが残る物の、10月や11月は秋の服装でも或る厚手のコートが欠かせない季節へ。夜にグッと冷える事もあるので、夜間の観光などへは、重ね着などで調整を行いましょう。

ドイツ旅行の冬の服装

夜間はグッと冷えて来ます。体調を崩さない様に、冬の服装へは、万全の防寒対策を行っておきましょう。特に一年で一番寒さの厳しい1月は、平均気温が4度。マフラーや手袋、厚手の靴下などを用意して置きましょう。夕方は日の入りが早く成ります。午後の観光は、早めの時間帯がお薦めです。

ドイツ旅行を楽しむ為に

ドイツ旅行,楽しむ

初めて訪れる街なのに、気取らず懐かしさが残る国。それがドイツの魅力だと思います。綺麗で可愛らしい街並みは、女性ばかりでは無く、男性にも人気が有ります。またエコの意識が強い国の為、観光で訪れてもゴミ捨てには気を配る事も大切。出たゴミはしっかり分別をして、マナーを守る様に心掛けて行きましょう。

また真冬は、とっても寒いので、寒さ対策は万全に行いましょう。手袋や下着、帽子など、日本から使い慣れた物を用意すると良いでしょう。また朝晩の気温差が激しい季節も有ります。日中は暑くても、夜間になると、グッと冷え込む事も有ります。羽織る物などプラスアルファのアイテムを用意して置くと、良いと思います。

またドイツの空気はカラカラして居ます。保湿ケアを忘れずに行っておくと、女性には安心です。冬が近づくと夜も早く成ります。治安は悪い国では有りませんが、女性だけのツアーの場合は早めにホテルに入って置くのが安心です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です