下痢と嘔吐は大人も子供も夏に多い?下痢と嘔吐で悪寒・腹痛・発熱

下痢,嘔吐,大人,子供,悪寒,発熱

夏場を中心に下痢や嘔吐は同時に起こることも珍しくありません。この下痢と嘔吐ですが、腹痛や悪寒(寒気)も伴うケースもあります。大人も子供も下痢と嘔吐で想像できるのが、ノロウイルスや食中毒、風邪やインフルエンザなどです。発熱があるかないかで症状や原因も違ってきます。下痢や嘔吐は、各種の感染症が主ですが、下痢と嘔吐の治療のカギは、原因となっている菌やウイルスの特定になります。ですので、まずは内科にいくことをおすすめします。特に小さな子供にひどい下痢や嘔吐の症状が出た場合は、大人の適切で素早い判断が必要です。

スポンサーリンク

下痢と嘔吐の症状で疑問

下痢,嘔吐
■ 下痢と嘔吐はなぜ同時に起きるのですか?
□ 簡単に言えば、今菌もしくはウイルスがいる場所から追い出そうとするために起きるからです。胃に原因がいれば嘔吐、腸にいれば下痢で体が菌・ウイルスを出そうとしているために起きます。

■ 下痢と嘔吐で辛いです。すぐ病院に行くべきですか?
□ ノロウイルスなど強力な感染症の場合は、適切な処置が必要ですからできれば病院に行くのが望ましいです。しかし、無理に外出すると回復を妨げたり、病院で感染者を増やしてしまうことにもなりますので、タクシーを使うといいでしょう。

■ 熱がなくても、嘔吐や下痢が併発することがあるのですか?
□ ノロウイルスに感染したときは、微熱程度であまり高い熱が出ることはありません。インフルエンザとの大きな違いです。

下痢と嘔吐の症状で熱なし

下痢,嘔吐,発熱なし,ノロウイルス
熱がなく、下痢や嘔吐がひどい場合はノロウイルスに感染している可能性が高いです。子供は嘔吐、大人は下痢が多いのが特徴です。一日にどちらかが10回以上起こることもあるので、脱水症状にならないよう水分摂取をこまめにしてください。

大人の下痢と嘔吐(発熱あり、発熱なし)

下痢,嘔吐,大人
熱がなければノロウイルス、熱があればインフルエンザなどの疑いがあります。どちらも水分をたくさん摂取して脱水症状を防ぐこと、できるだけ安静にして回復を待つのが重要です。無闇に熱を下げたり下痢を止めようとすると、根本的な解決になりません。しばらく辛いでしょうが、体の免疫力を信じて安静にしていてください。

子供の腹痛を伴う下痢と嘔吐

下痢,嘔吐,子供
子供の場合はノロウイルスに加え、ロタウイルスに感染している可能性が高まります。幼稚園や学校で流行しているという話は聞いていませんか?それ以外では腸閉塞や腸炎なども考えられますので、必要に応じて救急車の利用も考えてください。迷うようなら、相談ダイヤルへかけてアドバイスをもらいましょう。

下痢と嘔吐の原因

下痢,嘔吐,原因
ウイルスもしくは細菌の感染症、胃腸の炎症などさまざまな原因があります。しかし、素人があれこれ原因を考えるよりも病院に行くのが先決です。中には一刻も早く処置をしなければ命に関わることもありますので、迷ったり悩んでいるヒマはありません。

下痢と嘔吐と悪寒(寒気)

下痢,嘔吐,悪寒
悪寒(寒気)や発熱があれば、インフルエンザやいわゆる胃腸風邪の疑いがあります。発熱の程度によっては解熱剤を使ったほうがいいこともあるので、まずは病院へ行きましょう。発熱も下痢・嘔吐も免疫機能の一つですので、むやみやたらと止めたり下げたりするとかえって長引く危険性があります。

ひどい下痢や嘔吐は病院へ

下痢,嘔吐,病院
インターネットで大概のことはわかる時代ですが、やはり病気に対する適切な処置をすることができるのはお医者さんです。付け焼刃で生半可な知識ではなく、プロの指導に従いましょう。そのせいで後遺症や命に関わる問題になったら元も子もありませんからね。信用できないなら、セカンドオピニオンをとってみてください。手間はかかりますが、良い医者を選ぶのも大切なことです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です