日本は学歴社会?高卒・大卒・女性社会人の学歴コンプレックスの特徴

学歴 コンプレックス

実力主義だと言われるようになった現代でも、日本では実際はまだまだ学歴がモノをいう社会です。そしてそれはだんだん低年齢化しているようにも思えます。
「少しでも良い教育を受けさせてやりたい」という親心であることに変わりはないでしょうが、人によっては自分が持つ学歴コンプレックスの裏返しとして、子供にさらに高い教育を受けさせようとする親もいるのです。
そして学歴コンプレックスの特徴はいくつかのグループに分けて見ることができます。

Q:学歴コンプレックスとは何ですか?
A:自分に学歴がない(低い)ことに対して、劣等感を感じることです。

Q:学歴コンプレックスはどういう人が持つのですか?
A:中学校卒業しかしていない人も、東大の大学院を卒業している人も、同じように持つ可能性があります。基本的に相手と自分を比べて劣等感を感じるかどうかですが、相手が誰(どんな学歴を持っているのか)であるかが大きなポイントとなります。

Q:学歴コンプレックスの特徴はどういうグループがありますか?
A:中卒や高卒はもちろん、大卒や大学院卒などがあります。

スポンサーリンク

学歴と社会人のコンプレックスをチェック

高卒の人が持つ学歴コンプレックスの特徴

高卒で就職した人は、全ての人が学歴コンプレックスを持つわけではありません。大学に行くよりも高卒で●●へ進んだ方がこれからの自分の人生にはプラスになると、心から思って高卒となった人は、逆に学歴コンプレックスなどを持ってはいません。持っているとすると高卒の学歴コンプレックスの特徴は、やりたい仕事も行きたい大学もないまま、何となく生きている人が多いようです。

大卒の人が持つ学歴コンプレックスの特徴

大卒の人でも学歴コンプレックスを持っている人はたくさんいます。もっとも多く見られる大卒学歴コンプレックスの特徴は、有名大学にとても入りたかったのに落ちてしまい、そこよりも偏差値の低い大学に行くことになったというような人です。

女の人が持つ学歴コンプレックスの特徴

今や大学進学率は男性よりも女性の方が高いといわれる現代ですが、女性が持つ学歴コンプレックスの特徴は、一言では言えない独特のものがあります。女性の場合はただ偏差値の高い大学に入っていれば良いという単純なものではなく、私立の方が素敵とか、有名女子校からのエスカレーター式大学が良いとか、都市部にある大学の方がオシャレな感じがするなど、学歴+ブランド力が重要な要素です。

ママ友同士の学歴コンプレックスの特徴

なんだかんだ言っても社会人になってしまえば終わりかというとそうではありません。ママ友では、子供という新しい社会の中で、●●ちゃんのママと比べるとどうかというのが学歴コンプレックスの特徴です。学歴コンプレックスの特徴を見てみると、持ってしまう事情は理解できなくはありません。しかし、それを持ってしまうことで相手との距離は縮まらず、また心からの友情を築くことができないとしたら、やはりそれはバカげたことです。学歴とはたまたま今まで歩んできた道であって、これからの道ではないことをしかと受け止め、前向きに進んでいきたいものです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です