フローリングで寝るのは不健康?睡眠の環境と姿勢と健康について

フローリング,睡眠,不健康

1日の3分の1は眠っているといわれる私たちにとっては、寝ている時間がどんなに大切かを物語っています。もし、眠りがしっかりしたものでなければ、一日のバランスが崩れるほどの影響を受けたことを誰でも経験しているのではないでしょうか?ですから、寝る際にどんな環境で寝ているのかは本当に重要なのです。ただし、マンション住まいの家庭なら、フローリングだけと言う場所もありますので、その場合、フローリングで寝るのがよいか悪いか気になりますね。

Q:ワンルームやマンションですと、床がフローリングの場合がおおいのですが、フローリングで寝るのは良いのか悪いか、どうなんでしょうか?
A:実際にフローリングで寝ている人の意見を聞くと、やはりフローリングは固くて寝づらいという意見が多いようです。また、背骨がゆがむ、あるいは歯のかみ合わせが悪くなることがあるとも言われています。

Q:フローリングに寝る選択しかできなくても、そこにカーペットを敷いた上で布団を敷けば大丈夫と言う人もいるようですが。
A:それしか選択がないのでしたら、カーペットを敷けば、少し固さも緩和すると思います。あとは、その上に敷くマットは心地よいものを選ぶようにしてください。

スポンサーリンク

フローリングでの睡眠は不健康?

フローリングで寝るのは良いか悪いかの選択は工夫しだい

フローリングで寝るのが良いか悪いかの選択といっても、今時のマンションは、洋室が中心になっているところも多く、もしベッドを使わないで寝るようにするのであれば、やはりフローリングに直接布団を敷いて寝ること以外なくなります。その場合、フローリングで寝るのは良いか悪いかにこだわらず、まずはカーペットなどを床に敷くことはいいと思います。少しでも、防寒にもなることと、見た目も落ち着いて見えます。

さらに、敷く布団も固めのものでは、おそらく腰や腕などを痛めることもありますので、注意が必要です。またフローリングの固さと布団の柔らかさ等を考えながら、調整してみるといいかもしれません。ただ、フローリングにマットやカーペットを敷いておいたら、カビが生えたという話しもよく聞きますので、湿気等にも注意しながら扱わなければならないでしょう。

しかし、フローリングを使わなくても、畳の部屋があって、そこで寝られる選択もある人は、やはり布団は畳みの部屋に敷くのが一番です。フローリング自体、もともとベッド用のものですから、布団で寝ることがそもそも合っていないのです。フローリングで寝るのは良いか悪いかと考える前に、それほどよい選択ではないと理解できるでしょう。

フローリングで寝るのは良いか悪いかの選択ができない

フローリングで寝るのは良いか悪いかは、よくネットでもディスカッションされていますので、それらを参考にされてもいいと思います。基本的には、あまり健康によくないというのがよく言われていることです。だからと言っても、今現在、洋室に住んでいる場合が多いことで、自動的にフローリングで寝ることになってしまうわけです。その場合は、それをどうやってよい環境に替えられるのかを考えることです。カーペットやマットを効果的に使うように考えてみましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です