ネガティブをポジティブに変えよう!円満退職するための辞める理由

仕事,ブログ

あなたは仕事を辞めたいと思う理由はなんでしょうか?転職しても良くなるとは限らないと諦めたりしていませんか?仕事を辞めたいということは、一大決心で、なかなか簡単に結論が出せるものではありません。しかし、仕事を辞めて、次に進まなければならないこともあります。
ただ、仕事を辞めたいと実行しても、次の転職先で同じような問題に頭を抱えている人も少なくありません。
仕事を辞めたことを後悔してしまっても、簡単に元には戻らないのです。

では、どうして、仕事を辞めたいと思うのでしょうか?
今よりも給料が安いところ、仕事がきついところ、職場環境が悪いところを進んで選ぶ人はほとんどいないでしょう。今よりも給料が多くもらえる、働き甲斐がある、仕事のやりがいがある、職場環境が良い、多くの人は現状よりも良い環境を求めて転職先を探すでしょう。

ただし、仕事を辞めたいと決断し、転職をしたとしても、環境を変えただけで今よりも前向きに仕事に取り組めるようになるのでしょうか?
転職したての頃は良いかもしれませんが、時間が経つにつれ、新しい職場の悪いところが見えるようになってしまい、また、仕事を辞めたいと感じる人は少なくないのです。できれば、転職を繰り返すのは避けたいものです。

スポンサーリンク

円満に退職するためには

次に進む、ステップアップするためには、仕事を辞めたい理由の本質をじっくり考え、仕事を辞めたいと感じてしまう理由を自分で理解しておくことが必要です。

単に嫌だから仕事を変わるのではなく、自分の成長を求めて、よりステップアップできるよう、仕事を辞めたい理由について考えてみましょう。

仕事を辞めたいと感じる理由は、ほとんどがネガティブな理由です。

  • 仕事がきつい
  • 仕事や会社が面白くない
  • 会社や自分の将来の見通しが立たない
  • 労働条件が悪い
  • 給料が安い
  • 評価してもらえない
  • もっと楽しい仕事がしたい

など、理由をあげればきりがありません。

仕事を辞めたいと会社に伝えても、すぐに辞められるわけではなく、1カ月程度、引き継ぎ期間を設けて、仕事を辞める準備をする会社が一般的です。

では、仕事を辞めたいと会社に伝えるとき、仕事を辞めたい理由を正直に伝えるのは得策ではありません。
仕事を辞めたいと伝えてから、退職するまでの期間をいかに過ごせるか、円満に退職できるかに関わってくるからです。

みなさんもお分かりだと思いますが、仕事や会社に対する恨みつらみを伝えたところで、あなたに対する印象は良いはずがありません。

仕事を辞めたい理由を上手に伝えることができれば、円満に会社を退職することができるようになります。

そのためには、まず、会社を辞めたいと思った理由を本音で書き出してみます。

ネガティブなものについては、視点を変えてみて、ポジティブに変換してみましょう。仮に、営業のノルマがきつい会社であれば、ノルマに追われて営業をするのではなく、お客様とじっくり時間をかけて人間関係を作っていきたい、という風に、今、出来ていないことを別の形でやっていきたいというものです。自分のやりたいことが、今の会社で出来ないのではなく、出来るところで挑戦してみたいという前向きな気持ちが伝われば、より相手にも理解されやすくなるでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です