動悸の原因-10代~40代の動悸の症状と、気になる原因について

動悸 原因

動悸がするようになると、その原因を何とか知りたいと思うものです。原因がわかれば対処のしようがありますし、どこまで心配すればいいかもわかるからです。

Q:動悸がよくする原因は何か?
A:動悸の原因は人によってさまざまです。ストレスあり、心臓疾患あり、貧血ありと問題の箇所がちがえば治療法も異なりますし、専門医も変わってきます。自分の動悸がどこからきているのか、医学的な検査をするのがいいでしょう。

Q:若くても動悸がする場合がありますか?
A:あります。貧弱な食習慣から貧血を起こしている若者も多いですし、寝不足で動悸がして仕方がない人もいます。もともと若者は人間的にも未熟で自己管理ができていないことも多く、深夜に遊び回ることやファストフードばかり食べるといった原因が多いかもしれません。

Q:動悸がする時は鎮まるまで安静にしていればそれで大丈夫でしょうか?
A:動悸の原因をつきとめるまでは、それで大丈夫といういい方はできません。若くても心臓の弁膜症といった重い心疾患を患う人もいます。若さから来るパワーで無理を続ければ重くなるかもしれません。

スポンサーリンク

動悸の原因について

40代の動悸の原因

【更年期障害からくる動悸】
動悸の原因は何かを探る時、40代という年齢は鍵となります。というのもその年代は更年期障害が発症することが多い年代だからです。ホルモンバランスが崩れて自律神経がうまく機能しないため、心拍のペースにも乱れが生じて動悸の原因となるのです。同時に更年期を迎えると自分の社会的な役割も変わったという思いから、うまくそれを受け入れられない人もいます。もう子どもが産めないということが、社会に無用な人間だと宣告されているかのように感じる場合があるのです。誰かに気持ちを語るだけでも心がなんとなく落ち着くかもしれません。

安静時に動悸がする原因

安静時に動悸がするというのは心配の種となります。仕事中やスポーツの最中に動悸がすれば「少しムリしすぎたな」とペースを落とすなど調節がつくのですが、安静時に動悸がするとなると、何か重病に知らず知らずのうちにかかっているのだろうかと心配になるものです。早目に原因を突き止めたいものです。

10代の動悸の原因

10代の若者が動悸がして困るというのは心配です。若いだけに何かの原因があるはずだと思うからです。貧血も考えられますし、若さからくる自信のなさからストレスが高じているのかもしれません。重病が隠れているなら進学や就職にも影響しますので、検査するがいいでしょう。

40代男性の動悸の原因

40代の男性が動悸がして困る場合、どんな原因が考えられるでしょうか。男性にも更年期があることがわかっています。ホルモンバランスが崩れて、気持ちにも影響することもしばしばです。ただ、心臓疾患は男性の死因の上位にきている重大疾患ですから、そういう可能性がないことを確かめておきましょう。

ストレスと動悸

動悸がしばしば襲う原因には心因性のものもあるでしょう。職場の上司のパワハラや配偶者の浮気、嫁姑の確執など、継続されるストレスは体をむしばんでいきます。環境を改善できるのであれば取り返しのつかなくなる前に思い切った変化をしてみるのもいいでしょう。

動悸の原因と向き合うために

動悸で悩んでいるなら、まずは原因を究明するのが最善です。くよくよ悩んだり人に言わずに絶望しても始まりません。合理的な方法で原因を探り、改善を図れるならよし、気にするほどの病気でなければひと安心です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です