社会人経験が浅い第二新卒の方は転職活動で何が必要となるのか?

仕事,ブログ

第二新卒とは、社会人経験1年目~3年目くらいまでの人を言います。

第二新卒の転職について

社会人経験が浅いため、経験よりもポテンシャルを期待されているのが特徴です。
求められる要素として、基本的なビジネスマナーが身に付いていることは最低限必要とされていて、さらには吸収力や企業風土になじみやすい点、大きな成長の可能性を秘めている点が挙げられます。

第二新卒の人が仕事を辞めたいと思った時、転職活動をすることになると思いますが、どのような気持ちで転職活動をするかで大きく結果が異なることになるでしょう。
仕事を辞めたいと思った理由、この理由がどの様なものであるか、問題の本質はどこにあるのか、自分自身を見つめなおすことで、自分自身の成長幅を大きくすることが出来るようになります。

社会人としての経験や仕事のキャリアが浅いということもあり、職種や業種を変更するなど、キャリアチェンジを考える人も多いと思います。

第二新卒に求められている要件を頭に置き、会社から求められる人材になれるように努力をする必要があります。仕事を辞めたいと思った理由が、社会人としての自覚が低く、考えが甘いような場合、応募書類や面接でその考えが伝わってしまうので、社会人としての自覚、企業がどのような人材を求めているかに加え、自分が仕事をする上でどのようなやりがいや働き甲斐を感じるのかなど、自分自身がいかに成長していきたいかを伝えることが、第二新卒の転職活動では重要になります。

第二新卒でキャリアチェンジを考えたり、転職活動をしたりする人が多くいます。
七五三問題という言葉があるように、中卒で7割、高卒で5割、大卒で3割の人たちが、就職後3年以内に退職をしています。そのため、大卒の人であっても、約3割の人たちが就職後3年以内に転職活動を行っているということになります。

仕事を辞めたいと思ったことは誰にでもあるはずです。
仕事を辞めるということは人生の中でもとても大きな岐路に差し掛かっている状態といえます。真剣だからこそ迷いもあるはずです。仕事を辞めたという人生の中で大きな問題に対して、たった一人で結論の出して大丈夫でしょうか?

第二新卒の人たちは、まだ社会人経験が浅く、仕事や生き方について真剣に悩んだり考えたりしています。

自分ひとりだけで考えたり情報収集をしたりするのでは、気付かないことや壁にぶつかることもあります。第二新卒として、視野や可能性を広げて転職活動を行うには、希望を実現するための知恵やノウハウを手に入れるため、いろいろな人たちの意見を取り入れるのも必要です。

家族、友人や知人などは、あなたの仕事についてはあまり知らないかもしれませんが、あなた自身のことについてはよく理解してくれているのではないでしょうか?

社会人としての経験を積むため、キャリアアップやキャリアチェンジをすることは大切です。仕事を辞めたいと思うことをマイナスとしてではなく、プラスにするためにも、前向きな転職活動になるようにしましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です