第二新卒で転職活動している方必見!面接でアピールするポイントは?

仕事,ブログ

第二新卒の人たちは、一度社会に出て、地に足をつけて頑張ってきています。
仕事を辞めたいと思ったり、仕事の意義や楽しさ、しんどさも理解し始めているでしょう。
学生時代には、どこの会社に就職するか、ただただ企業を見渡すことも多かったと思います。しかし、第二新卒の人たちは、転職活動をする際には、「どこの会社ではたらくというよりも、どう働いていくか」、「そのためにどのような仕事や会社を選択すべきか」という目線で転職活動をすることができるようになっているのではないでしょうか。仕事を辞めたいという思いから、もう一度就職活動をやり直したいという思いがわいているのではないでしょうか。
仕事を辞めたいと思い悩むのは、第二新卒だけでなく、多くの人たちが悩んでいることです。
このような思いをどう乗り越えられるかが、転職力です。転職は時期も大切です。今すぐすべきなのか、もう少し時間をおいて自分が成長してからするべきか、これからのキャリアプランや目標があれば判断できるようになるでしょう。

また、仕事の選び方も、給料や会社で選ぶのではなく、どう働くかということを中心に考えるようにします。

自分のキャリアプランを考える際、どこの会社で働くかというステータスよりも、いかに自分が成長できるか、自分の目標にどうやって近づくことができるかを考えて選ぶことが重要です。

今の仕事や会社に不満を抱いて、仕事を辞めたいと思うのは自然なことかもしれません。

しかし、安易に転職活動をすることはお勧めできません。転職して数年後、あなた自身は成長できているでしょうか?自分の成長を考えることが転職力と言えます。

また今は不景気だからと、仕事を辞めたいと思っても、自分の希望に合った転職先もないだろうと転職を諦めている人も多いと思います。
不景気とは言いながらも、採用に力を入れている企業は多くあります。ただし、人を採用する基準はやはり以前よりもハードルが高くなっているのも事実です。

スポンサーリンク

第二新卒の面接対応方法

転職をうまく乗り切るには、自分が「求人とマッチしている人材である」ということをうまくアピールしなければなりません。
もともと、中途採用の場合、求められるのは即戦力ですが、不景気には特にこの傾向が強くなります。入社したら早い段階で売り上げを伸ばせる、教えなくても何をしたらいいのか心得ているなど、いかに即戦力であるかをアピールできるかがポイントです。

応募書類の作成や面接の前に、募集要項に書かれている「求める人材像」を熟読しておきましょう。

そして、採用する会社の意図を十分にくみ取っておくのです。また、「未経験可」の求人であれば、その背景を推測してみましょう。斬新な企画力や前例にとらわれない柔軟な発想力など、採用する会社の期待するものが見えてくるはずです。

また、未経験の場合には、仕事に対して積極的な態度を伝えることが重要です。

「未経験ですが、仕事をしながら勉強をしたい」では熱意が伝わりません。入社までに仕事で必要な知識を勉強しますなどの熱意と積極性をアピールしましょう。企業の求める人材像が分析できたら、「入社したら具体的にどんな形で会社に貢献できるか」をうまくアピールすることで、会社にとって必要な人材であることをアピールすることが出来ます。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です