乳房が痛い・張る・しこりがある-乳房の変化原因と乳がんとの関係性

乳房 痛い 張る しこり

成長期や女性ホルモンの影響、生理の周期、妊娠・出産によって、乳房が張る、乳房が痛い、しこりがあるなどの不快な症状を感じる事があります。個人によっては、生理の前の月経前症候群の症状のひとつとして、乳房が痛い・張る・しこりがあるなどの症状を毎月のように感じているという方もおられるかもしれません。しかし、これらの症状には乳がんや乳腺などに関する病気が隠されている場合もあります。とくに30代を超えた女性で罹患率が上がる乳がんは、定期的なマンモグラフィーなどの検査が大切になってきます。

Q:生理前に乳房が張るなどの症状が出る理由は何ですか?
A:女性ホルモンのバランスが崩れる現象である、月経前症候群(PMS)と呼ばれている事によっておきると言われています。出産や年齢を重ねるにつれて症状が軽くなったという方もおられます。医療機関ではピルや漢方などでの薬物治療などが行われます。

Q:乳房にしこりがあるのは乳がんなのですか?
A:乳房にしこりがある原因は、乳がんだけではなく、乳腺線線維症や乳腺症、そして月経前症候群、妊娠によるものもあります。

Q:なぜ乳がんの検査は大切なのですか?
A:30歳から69歳までの女性の死因のナンバー1は乳がんです。この理由は、日本はまだマンモグラフィーなどの乳がんの検査が行き届いていないなどが原因だと言われています。乳房のしこりや痛みなど、ご自身でチェック出来る事もありますが定期的な検査が一番の予防方法です。

スポンサーリンク

乳房の痛み、張り、しこりと乳がんチェック

乳房が痛い

生理前や排卵期などに、乳房が痛い、乳房が張ると感じる女性は多いようです。これは月経前症候群(PMS)と呼ばれる症状のひとつで、女性ホルモンのバランスが変わることによって、下腹部が痛くなる、頭痛、吐き気、そして乳房が痛い、張る、しこりがあるなどの不快な症状を感じる人もいるようです。治療には服薬の他、規則正しい生活や食生活などによって、症状が軽減することもあるようです。

乳房が張る

月経前症候群の際にも、乳房が張る、乳房が痛いという症状が出ることがありますが、他にも妊娠の初期などのこの症状を感じるという方もおられるようです。生理前の症状の時よりも乳房の張りが強く、ちょっと触っただけで痛みを感じるような事もありますから、乳房が痛い、乳房が張る、しこりがあるなどいつもと違う?という時には、妊娠検査薬などでチェックをしてみましょう。

乳房にしこりがある

乳房のしこりには、乳腺の病気や乳がんなどの重要な病気が原因の場合があります。定期的な乳がん検査の他にも、妊娠の覚えもないし、生理前でもないのにしこりがあるという場合には、早めに医師に相談するようにしましょう。妊娠中の方の場合には、乳房の張りや乳汁うっ帯、乳腺炎などのトラブルの可能性もありますから、かかりつけの医師に相談をしてみましょう。

<< 乳房が痛い・乳房が張る・乳房にしこりがある >>

女性は月経前症候群や妊娠した時にも、このような乳房が痛い・張る・しこりがあるなどの症状が表れるため、なかなか病気なのでは?という事に気づくのが遅くなってしまいがちです。とくに30代以降の女性は、乳がんになる確率は若い頃よりも増えますから、注意をしておきたいですね。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です