膀胱炎-膀胱炎に良いツボは?膀胱炎の症状と対処法について

膀胱炎 ツボ

膀胱炎は男性に比べて女性の患者が圧倒的に多い病気です。

女性なら一度はかかるといわれる膀胱炎を予防するためにはどんなことに注意すればいいのでしょうか?

まずは膀胱炎の原因について知り、積極的に予防しましょう。

スポンサーリンク

膀胱炎をチェック

Q:膀胱炎の症状って?

A:膀胱炎の症状としては

  • 何度もトイレに行きたくなる
  • 排尿後に痛みがある
  • 残尿感
  • 尿が白く濁る
  • 血尿など

尿意を感じ、何度トイレにいっても、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ります。

また、排尿の最後の方や、排尿後につーんとした痛みを伴います。

Q:どうして膀胱炎になるの?

A:細菌に感染することによって起こります。

主に大腸菌が原因です。

トイレに行きたいのに我慢することもよくありません。


膀胱炎の治療 ツボ療法

膀胱炎の原因は細菌で、その原因の80%は大腸菌と言われています。

細菌に対して効果のある抗生剤を使った治療が主ですが、慢性膀胱炎など基礎疾患のある膀胱炎については抗生剤を使っても効果が出ないことがあります。

そうしたときに自分でできる簡単な治療方法としてツボを刺激するという方法があります。膀胱は、尿を蓄えたり、外に出したりするはたらきをします。

そんな膀胱のはたらきを調節しているのが自律神経です。

自律神経のうち、交感神経がはたらき過ぎると、いわゆる膀胱炎の症状、炎症や排尿痛を起こしやすくなります。

膀胱炎に効果があると言われるのは足の小指の爪の付け根にあるツボです。

足の親指の爪のつけねのツボも効果があると言われています。交感神経の働き過ぎを押さえるツボです。


膀胱炎の対処法

膀胱炎というのはつらいものです。膀胱炎になりやすい体質のひとつとして冷えがあります。

ツボを刺激すると同時に、靴下をしっかり履く、腹巻をするといった冷え性対策をすることも膀胱炎を予防するためにはとても有効です。

膀胱炎は女性なら誰もが一度はかかると言われるとてもポピュラーな病気です。

また、一度かかってしまうと何度も繰り返すことも多い病気なので、普段からこうした簡単にできる治療方法のポイントを押さえて予防することが大切です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です