膀胱炎の薬-抗生剤などの治療薬の必要性、市販薬の腎仙散について

膀胱炎 薬

女性なら一生に一度はかかるといわれている膀胱炎ですが、実は放置すると腎盂腎炎や敗血症といった怖い病気につながることもある怖い病気です。あやしいなと思ったらすぐに病院を受診し、必要な治療を受けましょう。

スポンサーリンク

膀胱炎をチェック

Q:膀胱炎にならないためには?

A:膀胱炎は細菌の感染によって起こります。膀胱炎の原因になる細菌は主に大腸菌ですが、感染しないためには、膀胱の中に入ってしまった菌をしっかりと排出する必要があります。

Q:具体的にどんなことに注意すればいいの?

A:細菌を排出するためには排尿をすることです。トイレにいくのを我慢してしまうと、その間に膀胱の中で細菌が増殖してしまい、膀胱炎になってしまうので、我慢しないようにしましょう。

膀胱炎のお薬をチェック

膀胱炎の原因は大腸菌などの細菌なので、その菌に効果のある抗生剤を使って治療を行います。細菌によって効果のある抗生剤は違うので、病院で検査を受けて薬を処方してもらい、服用するようにしましょう。

膀胱炎の薬を飲む必要性

膀胱炎になったらすぐに病院にいって薬をもらって飲むのがよい、とわかっていても仕事の都合などでなかなか病院に行けないこともありますよね。

ちょっと我慢すればいいことだから、と無理をしてしまう人も少なくありません。

ところがこのちょっとした我慢が膀胱炎を進行させ、腎盂腎炎のようなさらに酷い病気に進行してしまうこともあるのです。

膀胱炎はお薬を飲めばすぐに症状が収まることの多い病気です。

ただし、症状がなくなったからといって途中で治療をやめてしまうと、体のなかに細菌が残ってしまい、なんども再発してしまうこともあります。

膀胱炎は早い段階でしっかりと治療を行えば完治します。面倒がらずに早い段階でしっかり治しましょう。


膀胱炎の薬-膀胱炎の原因と抗生剤

大腸菌は急性膀胱炎の原因となります。 大腸菌は細菌なので、抗生剤を使った治療が有効です。

ニューキノロン系やセフェム系の内服薬が処方されることが一般的で、急性膀胱炎の場合、内服薬は4~5日分処方され、飲み始めて1~2日で症状は落ち着き、1週間程で治ります。

膀胱炎の薬に市販薬があります

それでもどうしても病院に行く時間が取れない時には、市販薬を利用するという方法もあります。

もちろん、我慢できないような痛みや出血といったひどい症状が出ているのであれば、一刻も早く医師の診察を受けるべきですが、頻尿や残尿感といった軽い症状の状態であれば、ドラッグストアなどで購入できるお薬を使ってみるのもひとつの方法です。

排尿を促す生薬成分を配合した市販薬が販売されています。


膀胱炎の市販薬の一つが腎仙散

腎仙散(ジンセンサン)は、第2類医薬品として販売されているお薬です。利尿作用のほかに、抗炎症作用を有する生薬を配合していて、腎臓の老廃物排泄を促進するとともに、排泄障害や炎症性の疾患にも効果を発揮します。できるだけたくさんのお水と一緒に飲むとより効果的で、トイレを我慢しない生活を心がけることも大切です。

お薬で症状はよくなったとしても、生活スタイルが変わらなければ何度も繰り返してしまうのが膀胱炎です。トイレは我慢しない、お水をたくさん飲むようにする・・・などできるところから始めてみましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です