膀胱炎の原因-大腸菌・トイレ我慢・冷え性が原因?菌の侵入経路

膀胱炎 原因

女性なら一生に一度はかかるといわれている膀胱炎ですが、実は放置すると腎盂腎炎や敗血症といった怖い病気につながることもある怖い病気です。あやしいなとおもったらすぐに病院を受診し、必要な治療を受けましょう。

スポンサーリンク

膀胱炎について

Q:膀胱炎にならないためには?

A:膀胱炎は細菌の感染によって起こります。細菌に感染しないためには、膀胱の中に入ってしまった菌をしっかりと外に出す必要があります。

Q:おしっこを我慢すると膀胱炎になるって本当?

A:細菌を排出するためには排尿をすることがとても大切です。女性の場合、尿意があっても、その場の状況などで、排尿を我慢してしまう傾向が男性よりあります。その結果、膀胱に入った菌の繁殖が促され、膀胱炎になりやすくなってしまうのです。

膀胱炎の原因をチェック

膀胱炎の原因は、細菌感染です。細菌が、尿道から膀胱に逆流して侵入してきます。

膀胱は細菌への抵抗力がありますが、疲労やストレスなどで、体力が落ち抵抗力が弱くなると、細菌に感染しやすくなり、膀胱内の細菌が増殖することで膀胱炎になります。

膀胱炎の原因となる細菌には、ブドウ球菌や大腸菌、セラチア菌、プロテウス、肺炎桿菌、腸球菌などが見られ、その中でも大腸菌が原因菌の80%前後を占めるといわれています。


膀胱炎の原因-病原菌の侵入経路

膀胱炎の原因の80%は大腸菌といわれています。大腸菌はもともと大腸にいる細菌で、大腸の中にいる分には特に害はありませんが、血液中や尿路系に侵入した場合、病原体となります。

大腸菌は、本来排便とともに体外へ出されますが、排出される際に肛門や膣周辺に付着する事があり、肛門や膣周辺についたものが尿道口から侵入すると、尿道炎や膀胱炎などの症状の原因となってしまいます。

膀胱炎が女性に多いのは、男性よりも尿道が短く、肛門や膣周辺に付着した大腸菌がすぐ近くにある尿道口から尿道へと侵入しやすいためです。


膀胱炎の原因-大腸菌

大腸菌は急性膀胱炎の原因となります。 大腸菌は細菌なので、抗生剤を使った治療が有効です。

ニューキノロン系やセフェム系の内服薬が処方されることが一般的で、急性膀胱炎の場合、内服薬は4~5日分処方され、飲み始めて1~2日で症状は落ち着き、1週間程で治ります。

膀胱炎の原因-おしっこを我慢すると膀胱炎に?

「トイレを我慢しすぎると膀胱炎になる」というのはよく言われることですが、実際長いあいだおしっこを我慢していると膀胱炎になりやすくなってしまいます。

膀胱炎は尿道や膀胱に細菌が侵入することでおこりますが、細菌が侵入したからといって必ず膀胱炎になるわけではありません。

排尿によって、膀胱や尿道に侵入してきた細菌を、感染する前に外へ洗い出すことができます。尿意があるのに、おしっこを我慢していると、それだけ膀胱の中に尿と一緒に、侵入してきた細菌をとどめることにもなるのです。

細菌が膀胱内にいる時間が長いほど、感染の可能性は高くなります。つまり、トイレを我慢しすぎると膀胱炎になりやすくなってしまうのです。

膀胱炎の原因-冷え性

冷え性は、膀胱炎の原因のひとつです。体温が低く、血液の流れが悪い冷え性の人は細胞の働きも鈍くなっています。冷え性で、特に下半身が冷えてしまうと、排尿回数が減り、膀胱炎を起こすことがあります。

女性が膀胱炎になりやすい原因として、尿道が短く、肛門と尿道が近いという身体の構造によるものや、トイレを我慢しやすい傾向にあることなどに加えて、冷え性も要因として考えられます。できるだけ水分を多くとり、体を冷やさないことが大切です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です