女性の膀胱炎の原因-働く女性必見!膀胱炎の構造と原因

膀胱炎 原因 女性

実は働く女性に多い膀胱炎は、女性なら一生に一度はかかるといわれている病気でオフィスでもこの病気に悩む女性は実は少なくありません。

この病気の市販薬はオフィス街のドラッグストアには必ずあるといってもいいくらい膀胱炎は女性にとって身近な病気です。辛い膀胱炎にならないためにも、膀胱炎についての知識を身につけましょう。

スポンサーリンク

女性の膀胱炎について

Q:どうして女性は膀胱炎になりやすいの?

A:男性に比べて尿道の短い女性は膀胱炎になりやすいのです。

また女性特有の冷えも膀胱炎になりやすい原因のひとつと考えられています。

Q:膀胱炎にならないためにはどうしたらいいの?

A:尿意を感じたら我慢せずにトイレに行く、体を冷やさないといったことが膀胱炎の予防につながります。

免疫力が落ちるとかかりやすいので、ストレスを溜めず日頃の体調管理をしっかり行うことが大切です。

女性の体の構造と膀胱炎

膀胱炎は、便に含まれた大腸菌や皮膚についた雑菌などが尿道を通って膀胱に入り、膀胱粘膜で増殖して炎症をおこしてしまう病気です。

女性は男性に比べて尿道が短く、また尿道と肛門の位置も近いために、もともと細菌感染を起こしやすい体の構造なのです。

さらに、女性は冷え性な人も多く、細菌が増えやすい条件も整っています。


働く女性と膀胱炎

仕事を持つ女性が増え、自分のタイミングでトイレに行けないケースが増加したということも女性に膀胱炎患者が多いひとつの原因といえます。

本来であれば、尿道や膀胱に細菌が入ったとしても、尿を出すことによって細菌は流されてしまい、炎症は起きにくいものです。

でも、仕事の都合などで長時間トイレを我慢しなければいけなかったりして、膀胱にたくさんの尿を溜めたままでいると、尿の中の栄養物を餌にして細菌が一気に増えてしまいます。

つまり、しっかりとトイレで排尿することが、膀胱炎の予防にも、症状を悪化させないためにも大切なのです。


女性の膀胱炎-薬を飲む必要性

膀胱炎になったらすぐに病院にいって薬をもらって飲むのがよい、とわかっていても仕事の都合などでなかなか病院に行けないこともありますよね。

細菌の感染によっておこる膀胱炎は病院でもらえる抗生剤を飲めばすぐに症状が収まることの多い病気です。

しかし、ちょっとした我慢や無理が膀胱炎を進行させ、腎盂腎炎のようなさらに酷い病気に進行してしまうこともあるのです。

ただし、症状がなくなったからといって途中で治療をやめてしまうと、体のなかに細菌が残ってしまい、なんども再発してしまうこともあります。

膀胱炎は早い段階でしっかりと治療を行えば完治します。面倒がらずに早い段階でしっかり治しましょう。

女性の膀胱炎-困ったときの市販薬

それでもどうしても病院に行く時間が取れない時には、市販薬を利用するという方法もあります。

膀胱炎のお薬は実はドラッグストアなどでも購入することができます。

もちろん、我慢できないような痛みや出血といったひどい症状が出ているのであれば、一刻も早く医師の診察を受けるべきですが、頻尿や残尿感といった軽い症状の状態であれば、とりあえず飲むというのもひとつの方法です。

排尿を促す生薬成分を配合した市販薬が販売されています。

女性の膀胱炎-腎仙散

第2類医薬品として販売されている腎仙散(ジンセンサン)は、利尿作用のほかに、抗炎症作用を有する生薬を配合しているお薬です。

腎臓の老廃物排泄を促進するとともに、排泄障害や炎症性の疾患にも効果を発揮します。

できるだけたくさんのお水と一緒に飲むとより高い効果が期待できます。

お薬で症状はよくなったとしても、生活スタイルが変わらなければ何度も繰り返してしまうのが膀胱炎です。

トイレは我慢しない、お水をたくさん飲むようにする、交替でトイレに行けるように職場でも工夫する・・・などできるところから始めてみましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です