便秘体操-簡単・即効の解消方法は?妊娠中・赤ちゃん・高齢者の便秘

便秘 体操

最近、「便秘には体操がいい!」と言われることが増えてきました。なかなかまとまった時間を取って運動習慣をつけるのは難しいですが、体操であれば数分あればできますものね。ではいったいどんな動きをすれば、便秘を体操できるのでしょうか。

Q:体操で便秘は解消できるの?
A:便秘の大きな原因の一つに運動不足があります。定期的に運動する習慣がないのなら、試してみて損はないでしょう。便秘体操は腸の動きを助けたり、腸の位置を修正するという目的があるからです。

Q:妊娠中でもできる?
A:お腹に赤ちゃんがいる間は、腸やその他の内臓が圧迫されるため、便秘が起きやすくなります。妊娠中でもできる体操はいろいろ考えられていますので、「妊娠中便秘体操」などで検索し、出てきたものを試すといいでしょう。

Q:高齢者や赤ちゃんでも大丈夫?
A:お年寄りや小さな子供は筋力が弱いため、便秘になりがちですよね。何とか楽にしてあげたいと思う人も多いでしょう。もちろんこうした人も体操で改善を図ることもできますが、足元に気をつける・なるべく広い場所で行うなど注意が必要です。また、体に負担をかけすぎないように軽いものから始めるといいでしょう。

スポンサーリンク

便秘を解消するための便秘体操

妊娠中の便秘体操

妊娠中はいきみすぎるのも危険なため、より便秘になりやすい期間です。そこで、横になったままできる体操がいろいろ考え出されています。布団の上でバタ足をする、脚を片方ずつ曲げるなど、比較的簡単なものが多いです。

即効性のある便秘体操とは

効果が早く出る体操としては、はなまるマーケットで取り上げられた「お尻ほぐし」「腸引き上げ」などが人気があります。概ね「横になった状態で脚を動かす」というものですので、寝る前や朝目が覚めたときなど、ちょっとしたタイミングでできるのがメリットですね。やり忘れて効果がなくなってしまうということも防げるでしょう。

高齢者向けの便秘体操

シニアの場合、うっかり転んだり滑ったりしないように横になって行うタイプの体操をオススメします。健康や体力に自信があっても、いつ何が起こるかわかりません。壁に手をついて行う体操もあるので、どうしてもという場合はそちらを勧めるといいでしょう。便秘を解消するはずが、うっかり転んで骨折してしまったなんてことになると意味がないですからね。

赤ちゃんのための便秘体操

赤ちゃんの場合は便秘体操というよりマッサージに近いものになります。お腹を軽く刺激してあげたり、仰向けの状態で足を軽く持って、自転車をこぐような動きをさせてあげてください。ちなみに、エア自転車こぎは大人でも使える方法です。力を入れすぎると泣いてしまいますので、ゆっくり・優しくを心がけて行いましょう。

簡単にできる便秘体操

便秘体操の多くは、さほど特別なコツがいるものではありません。ユーチューブなどに動画もたくさんありますから、慣れないうちや自信がないのなら、動画を見ながらやるのがいいでしょう。「難しそう……」と思い込んで、何もしないのはもったいないですよ。

<< ゴロゴロしながらできる! >>

便秘を解消するための体操やヨガは、寝転がったままできるものがとてもたくさんあります。ということは、雑誌やケータイを見ながらでもできるということですよね。ふっと思い出したときにできるわけですから、一度便秘体操を始めたのなら毎日根気よく続けましょう。水分摂取を増やす・食物繊維などを意識して摂るなど、他の方法も併用するとさらに良いでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です