便秘と腹痛-便秘の女性は要チェック!お腹が痛い-病気の可能性は?

便秘 腹痛

便秘とお腹の痛みが同時に来るという二重苦を味わったことのある方は多いでしょう。たいていの場合は便が出ないために大腸が圧迫されて起きるものですが、中には一刻も早く処置しなければならない病気もありますので、軽く見ることはできません。

Q:便秘と腹痛の関係は?
A:便が出ないために痛む場合と、痛みの元になっている病気の一症状として便秘になっていることがあります。また、消化器系ではなく生殖器など他の臓器が痛んでいる場合もあるので、素人判断はしないほうが賢明です。

Q:右下が痛いときは?
A:虫垂炎(盲腸)や卵管・卵巣炎の可能性があります。素人が鑑別することは難しく、また時間の経過と共に痛みがひどくなるので、早めに病院へ行きましょう。

Q:便秘と腹痛と吐き気が一気に来るんだけど、どうしたらいい?
A:一刻も早く病院へ行きましょう。「いつものことだから」と油断していると、とんでもない病気が見つかることがあります。中には即座に手術や輸液を行わなければ死に至る可能性が高い病気もあるため、軽視は大変危険です。

スポンサーリンク

便秘と腹痛の関係性をチェック

便秘で出ない上に腹痛

お腹が痛むほどの便秘を放置しておくのは非常に危険です。腸閉塞という病気になっているかもしれません。イレウスとも呼ばれます。腸内部の圧力が上がって血流障害が起きている状態で、最悪の場合死に至ることもあります。便秘と同時に腹痛が起きる病気はたくさんあるので、その鑑別のためにも診てもらいましょう。

下痢と便秘の繰り返し

下痢と便秘を繰り返し、さらに腹痛がある場合には過敏性腸症候群(IBS)の疑いがあります。れっきとした病気なのですが、周りの理解がなかなか得られず、本人はとても辛い思いをしているのに「気合が足りない」「ワガママ言うな」などと言われて、ますます悪化してしまうケースも多くあります。精神的なストレスも大きい病気です。ストレスを貯め続けたり、頻繁に緊張状態になるとさらに悪化してしまいますので、まずはそれらを和らげることが先決です。

便秘で腹痛-お腹の左下が痛い

女性の場合、便秘によるものと思っていたら子宮や卵巣の病気だったというケースがままあります。代表的なのは子宮筋腫や卵巣のう腫などです。その他、大腸の病気であればS状結腸という部分に異常が起きている可能性があります。

お腹が痛い場所で病気の可能性をチェック

便秘と腹痛が同時に起きている場合、場所によってある程度病気を推測することができます。しかし、素人判断は危険ですので病院に行くのが最善です。お腹を温めたり、胃腸薬を飲む程度で治れば良いのですが、ずっと続く場合は危険な状態かもしれません。

便秘で腹痛-お腹の右下が痛い

右下が痛む場合、まず考えられるのは虫垂炎(盲腸)です。昔は切るしかないといわれていましたが、これは副作用の心配もなく、再発防止もできるという理由があるからです。軽症であれば手術をしなくてもいいこともあります。

便秘と腹痛と嘔吐

便秘とお腹の痛み、さらに吐き気が同時に出る病気は数多くあります。そのため、そうした場合は病院に行くのが先決です。中には胃がんや腸閉塞など、命に関わるものもあるからです。

<< 腹痛は体の悲鳴 >>

ここに載せた以外にも、便秘と腹痛が同時に起きる病気はたくさんあります。特に激しい痛みがある場合や、時間の経過と共に激痛へ変わっていく場合、体の向きによって痛みの強さが変わる場合は特に危険です。一刻も早く病院へ行きましょう。また、鈍い痛みが長時間あるときは一度検査してもらったほうが安心です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です