朝の吐き気-辛い症状の原因は?朝の吐き気に悩む女性は要チェック

朝 吐き気

朝起きた途端に吐き気がして「うっ!」ともなれば、一日が台無しです。しっかり原因を究明してなくしたいものです。

Q:朝に吐き気がするのは、昨晩の食べ過ぎということもあり得ますか?
A:おおいにあり得ます。食べ過ぎは基本的に自分自身の注意深さでなんとかなる部類です。とはいうものの、接待で食べたり飲んだりしない訳にはいかない場合もありますし、久しぶりに会った旧友との再開で盛り上ってしまって食べ過ぎるということもありがちです。でも、できるだけそうならないようにがんばりましょう。

Q:朝に吐き気がするのは寝不足と関係ありますか?
A:大いにあり得ます。眠るべき時間に寝ていないと体力が十分に回復せず、胃が働けないのです。胃が働いていないところへ無理に食事をすれば、消化不良で胃に負担がかかるのです。

スポンサーリンク

辛い朝の吐き気の症状

朝の吐き気の原因

【朝に吐き気がする精神的な原因】
朝起き抜けに吐き気がする原因に、精神的な原因をあげられるでしょう。ストレスや不安障害、パニック障害など精神的に追い詰められていると、どこか体の不具合としてでてくるものです。

【朝に吐き気がする胃腸関連の原因】
朝寝起きに胃が気持ち悪くなり、吐き気がして仕方がない時に、胃腸関連の病気を原因としてあげられるでしょう。食道炎や胃炎、腸炎という消化器系の病気であると、吐き気がくることもうなずけます。

朝の吐き気は自律神経が関係?

朝、寝起きなのに吐き気がする場合、自律神経も関係しているかもしれません。自律神経失調症で体の各部のコントロールが機能しないなら、胃もしっかりと消化できずに残留物も残っている可能性があります。また、昨晩食べた脂っこい料理の気持ち悪さもあるのかもしれません。

朝の吐き気はストレス?

朝から吐き気でまいったな。これから仕事に行かなければならないのに。そんな状況は困りますが、実は体も悲鳴をあげているのでしょう。ストレスは我慢の連続から溜まってしまうことも多いものです。生活のためにとひどい上司や職場環境を辛抱していても体のほうがついていかないと、吐き気で警告してくるのでしょう。

毎朝吐き気がするのは?

朝に吐き気を催すことが毎日続いているなら、生きていくことさえままならないでしょう。また吐き気がするのではないか、という思いが恐怖となり、寝床から起きられなくなることもあります。もしかしたらうつ病の傾向もあるのかもしれません。

仕事前の朝の吐き気

仕事に行かなきゃならないのに、朝から吐き気がしてどうしようもない。そんな状況では休みをもらった方がよさそうです。ノロウィルスなど感染症であればうつしてしまうのも危険でしょう。もっとも吐き気が止まらないようであれば、がんばって職場に行っても仕事にならないでしょう。

妊娠初期症状の吐き気

妊娠初期症状でも、朝に吐き気がして困る状況がよくあるようです。この吐き気がなければ耐えられたのに……というコメントもみられます。普段からこうした症状がなければ、逆に妊娠に気づくきっかけともなることがよくあります。

朝の吐き気と低血圧の関係

朝に吐き気がする原因として、低血圧もあるでしょう。低血圧になると血流が足りずに内臓がうまく機能しにくくなります。胃もしっかりと消化を行なえずに残留物も残って気持ち悪くなるのです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です