40代女性の肌の悩み!手軽に簡単に目の下のたるみをとる方法

40代にさしかかると同時に、目の下のたるみが気になり始めたという女性が多いようです。そこで今回は、簡単に目の下のたるみをとる方法をご紹介します。是非、気になる目の下のたるみをこれで解消しましょう。

■ 目の下のたるみを取る手術って?
□ メスを入れて、そこから脂肪を取り出す手術が美容整形として実際に行われています。仕上がりも自然で、痛みも少ないと言われています。

■ メスを入れるのは抵抗があるんだけれど?
□ メスを入れるより簡単に目の下のたるみを取る方法として、ヒアルロン酸注射が挙げられます。ヒアルロン酸注射では、肌のハリを取り戻してたるみを解消します。

スポンサーリンク

目の下にたるみができる原因は?

目の下にたるみができる原因は、脂肪の重みと筋力の低下です。脂肪は元々筋肉によって支えられています。しかし、加齢と共に筋力は低下してしまいます。その結果、脂肪の重みに耐え切れなくなり、目の下のたるみが出来てしまうというわけです。

シルクさんが教える簡単に目の下のたるみをとる方法

吉本の美容番長として知られているシルクさんが、簡単に目の下のたるみをとる方法を教えています。この方法ではまず、目尻を軽く引っ張るように押さえて、視線は斜め上45度あたりに向けます。続いて、眩しさを感じた時のように、下瞼をすぼめた状態の目にしましょう。それを15秒キープしたら、緩めるといった動作を5回繰り返すだけです。慣れてきたら、キープする時間を少しずつ伸ばしていって下さい。

マッサージで簡単に目の下のたるみをとる方法

マッサージで簡単に目の下のたるみをとる方法としてはまず、目尻から涙腺に沿うように人差し指で目の下のたるみをなぞって行きます。続いて、瞼の内側から外側にマッサージを行いましょう。こめかみに人差し指を当てたら、顔に向かって円を描くように動かし、頬骨、頬、顎の順番で下ろしていきましょう。目尻から1/4あたりの骨のくぼみに位置するツボと、眉間の中央のくぼみにあるツボを刺激したら、最後に耳の後ろから首筋に沿って鎖骨までリンパの流れを促進させたら完了です。

簡単に目の下のたるみをとる方法に取り組む際には馬油を使おう

簡単に目の下のたるみをとる方法として、マッサージやエクササイズがあります。しかし、これらに取り組む際に注意したいのが、必ずクリームもしくはオイルをつけて行うという事です。目の下の皮膚は、人間の体の中で最も薄いと言われています。その為、クリームやオイルをつけずにマッサージやエクササイズを行うと、大きな負担をかけてしまうのです。また、マッサージやエクササイズ中にできたシワの固定化を防ぐ効果も期待できるので、是非クリームやオイルを活用しましょう。特に馬油は、伸びと保水力が魅力です。しかも、皮膚の成分に近いという特徴もあるので、オススメです。

テープで簡単に目の下のたるみをとる方法

たるみ引き上げテープを使った、簡単に目の下のたるみをとる方法もあります。しかしこれでは、テープをつけている時だけしか、たるみを解消する事はできません。その為、出かけるにあたって一時的に解消したいといった際には、役立つかもしれませんが、完全に解消したいという場合は、マッサージやエクササイズに取り組んだ方が効果的と言えるでしょう。

美顔器を使った簡単に目の下のたるみをとる方法

美顔器を使うと、表情筋を鍛えられる上に、不要な老廃物も排出する事が出来ます。その上、顔全体の血液の流れも良くなるので、肌のハリも取り戻す事が出来ます。こうした効果を見ると、簡単に目の下のたるみをとる方法と呼ぶ事が出来るのではないでしょうか。

気になったら簡単に目の下のたるみをとる方法をすぐ実行

気になったら、簡単に目の下のたるみをとる方法にすぐ取り組みましょう。そうする事で、筋力の低下の予防に繋がります。マッサージやエクササイズでは解消できず、美容整形に取り組まないといけないくらいたるんでしまう前に、手軽に行える方法で予防する事が大切です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です