30歳からの転職には自己分析が必須!自己分析が転職の道を切り開く

仕事,ブログ

30歳代で転職活動をスタートする人は多くいます。

しかし、うまく転職活動を進められないと壁に当たっている人も多いのではないでしょうか?
壁に当たってしまう原因としては、企業がどのような人材を求めているかということよりも、自分がどのような仕事をしたいか、キャリアアップをしたいかを中心に考えてしまっているからかもしれません。

まず、企業が30歳代の転職者に求めているものに「即戦力」を求めているという傾向が強くみられます。
そのため、自分のキャリアプランを考えた時に、キャリアチェンジをすることだけをアピールしても、未経験であるなどを理由になかなか採用が決まらないこともあります。
30歳代で転職をする際には、自分の今までの経験や知識を整理しておくことが必要です。

スポンサーリンク

30歳・30代での転職

今までの経験が生かせるキャリアアップが出来るのが理想ですが、そうでない場合も数多くあるでしょう。その際、その仕事をしたことがない、未経験であるということだけでは、なかなかうまく転職活動はできません。キャリアチェンジしたいとき、その仕事に上手く活用できそうな知識や経験はないか、自分の過去の経験や知識を整理しておくことで、上手にアピールすることができることがあります。

また、これからの自分自身を会社で育ててもらおうという受け身な考え方ではなく、積極的に動いて、キャリアを積んでいくという目標や意欲を持って転職活動に臨むことも重要です。

30歳代で転職を成功させるため、転職の目的や仕事への姿勢をはっきりさせ、面接や応募書類で自分の情熱を上手くアピールすることが重要になります。

不景気な時代に関わらず、いつの時代でも仕事を辞めたいと頭を悩ませている人は多いものです。
転職をする人も、二極化の時代だと言われています。転職でステップアップできるかどうか。今までは、仕事に対する評価も収入がどうかという点で比較されていましたが、今は、ライフスタイルや生きがいも含めて評価することが多くなっています。

自分にあった転職ができるかどうかという二極化よりも、仕事があるかどうかという、さらに厳しい二極化の時代に突入していると言われています。
仕事を辞めたいと考えても、実際に行動に移せないのは、この厳しい現実で転職できるかどうかが危ぶまれているからでしょう。真面目に仕事をしているだけでは、受け身の姿勢や上からの指示を待っているだけでは、リストラの対象とされてもおかしくないのです。

大変な時代ではありますが、上手く転職を成功させている人がいるのも現実です。

仕事を辞めたい理由、どう働きたいか等、自己分析をきちんと行い、会社が求める人材像であることをアピールできれば、その可能性は高くなるでしょう。自分が仕事を辞めること、転職をすることに前向きに取り組むことができる人にとっては、チャンスの時代が到来しているのです。

仕事を辞めたいという気持ちだけを見るのではなく、転職をすることで自分のこれからのキャリアプランをどうしていきたいのか。

この考えがしっかり持てることが、不況時代の転職を乗り切る力につながります。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です