老後の生活の貯金は?老後に備えて1億円を貯めれる?1億円の貯め方

定年退職後や老後のことを考えると不安で夜も眠れない…。年金もなんだか頼りないと感じてしまう昨今、若いうちから定年後の生活を考えた貯蓄の考え方がすすめられています。そこで、こちらでは、1億円を貯める・貯め方の情報について取り上げてみました。

■ 1億円あれば老後は安泰ですか?
□ 1億円の貯金があっても決して贅沢な暮らしが出来る訳でありませんが、夫婦2人の生活の大きな支えとなってくれます。

■ 毎月どれくらい貯金すれば良いのでしょう?
□ 夫婦の年齢によっても異なります。ご家庭の状態に合わせて計算してみましょう。

スポンサーリンク

1億円を貯める・貯め方、貯蓄の目安を計算しよう

現在の日本の平均寿命は男性が約80歳、女性が約87歳です。90歳まで生きたとして、65歳定年後25年間、夫婦2人の生活で生活する事を考えると、貯蓄がいかに大切か分かりますね。1億円を貯める・貯め方では、まず貯蓄の目安として今後年間どれくらい貯金していけばよいのかをざっくり計算してみましょう。例えば、現在35歳なら定年65歳まで30年。1億円÷30年=年約335万円、月約28万円を貯金すれば可能という計算になります。

高給取りであれば可能かもしれませんが、平均年収のサラリーマンには非常に大きな金額です。つまり、ある程度のベースを貯金しながら、上を目指したアクションが必要となりそうです。

1億円を貯める!誰にでもできる方法は?

誰にでもできる1億円を貯める・貯め方が、とにかく貯金するという方法です。余分な費用はできるだけ省き、可能なら夫婦共稼ぎ。一昔前であれば銀行にある程度の額を預けていれば金利どんどん貯金が増えるという、今では夢のような時代もありましたが、現在はそうはいきません。また、投資・運用でお金を生むというやり方は1億円を貯める・貯め方の方法のひとつですが、リスクを伴う為、慎重にならなければいけません。

1億円を貯める!お金・資産の運用

1億円を貯める・貯め方のひとつが資産運用です。株・為替・FX・個人年金・不動産など、投資や資産運用にはいくつかの手段があります。しかし、注意しなければいけないのは、これらは貯金ではなく、投資であるということ。つまり、お金が増えることもあれば減ることもあるのです。ローリスク・ローリターン、ハイリスク・ハイリターンという言葉もあるように、確実に儲かるという宣伝文句には要注意です。

1億円の貯め方『千里の道も一歩から』

1億円を貯める・貯め方を具体的に想像して、無理だと諦めてしまいそうになった方もいらっしゃるかもしれません。しかし、1億円を貯める・貯め方とは言わず、年300万円でも、月20万円でも、とにかく目標を設定して取り組まなければ貯金はできません。『千里の道も一歩から』『ローマは一日にしてならず』『塵も積もれば山となる』です。

但し、コツコツには限界があります!目標値が高いほど、お金を増やすための情報と実践が必要であるといえるでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です